ビタミンを沢山含む食品一覧

体に必要なビタミンの種類及びそれらを含む代表的な食品の一覧です。

 

1日に必要なビタミンを手軽に摂取するなら

 

>>ハウス1日分のビタミンがおすすめ<<

 

 

 

 

1. ビタミンA(化学名:レチノール)

   多く含む食品:ほたるいか・うなぎ・チーズ・レバー・卵黄・人参・うに
   効果:目・皮膚・粘膜を正常に保ち、肌荒れや夜盲症、風邪などの呼吸器系の細菌感染を予防する。

 

2. ビタミンB1(化学名:チアミン)

   多く含む食品:大豆・ごま・豚肉・玄米・魚卵・レバー
   効果:体内に取り入れた炭水化物や糖からエネルギーを作り出す。食欲の増進や精神を安定させ、快活な体を作る。

 

3. ビタミンB2(化学名:リボフラビン)
   多く含む食品:レバー・しじみ・卵・サバ・チーズ
   効果:エネルギー代謝と深く関わりがあり、脂肪の代謝に必要な栄養素。また、老化や動脈硬化、口内炎などの予防に役立つ。直射日光にあてないようにする事。

 

4. ビタミンB3(化学名:ナイアシン)

   多く含む食品:レバー・肉類・豆類・カツオ・マグロ
   効果:体内で効率よくエネルギーを使わせ、炭水化物や脂肪の分解を助ける。血液      の循環を良くして冷え症や頭痛などの症状を和らげたり、血中コレステロー      ル値を下げるのにも貢献する栄養素。アルコールを飲んだ際にアセトアルデ      ヒドの分解を助ける効果もある。

 

5. ビタミンB6(化学名:ピリドキシン)

   多く含む食品:肉類・豆類・サバ・レバー・鮭・イースト
   効果:主にタンパク質の代謝に関わるビタミン。中枢神経を正常に保ち、脂肪肝や      アレルギー、月経前症候群や皮膚病、頭のフケを予防すると言われている。

 

6. ビタミンB12(化学名:シアノコバラミン)

   多く含む食品:レバー・チーズ・肉類・卵黄・牡蠣・海苔
   効果:肝臓病予防や貧血、精神疾患を予防し、疲労回復にも役立つ栄養素。

 

7. 葉酸(化学名:テロイルグルタミン酸)

   多く含む食品:ほうれん草・きなこ・チーズ・小麦
   効果:妊婦・授乳期には胎児の成長のために特に重要なビタミンで、タンパク質を      作り出すのに必要となる。普段の食事からの摂取では不足する事が多いた       め、妊娠時にはサプリメントを摂取する人が多い。精神面での健康を保ち、      赤血球を作り出す。

 

8. パントテン酸

   多く含む食品:メロン・玄米・乳製品といったあらゆる自然由来の食品に存在する
   効果:体内の代謝に関係するビタミンですが、日頃からストレスや疲労を感じる人      は積極的に摂りたいビタミンの一つ。しかし本来は腸内細菌が合成してくれ      るため、欠乏するのは大変レアなケース。また、コレステロールを正常に       保ったり、皮膚や毛髪の健康を保つ働きがあり、性ホルモンの生成にも使わ      れる。

 

9. ビタミンC(化学名:アスコルビン酸)

   多く含む食品:野菜・果物・いも類など。特にいちごや柿などに多い。
   効果:美肌と直結するビタミン。細胞や骨に存在するコラーゲンの生成と深く関わりがあり、肌や毛細血管、軟骨や歯などを健康に保つ役割を持つ。この他にも免疫力を高めたり、肌の色素沈着を防ぐ効果も。鉄分の吸収を助けている。

 

10.ビタミンD(化学名:カルシフェロール)

   多く含む食品:レバー・肝油・バター・卵黄・青魚
   効果:日光を浴びると紫外線によってビタミンDが体内で合成されるほか、食事で      も摂取する事が可能な栄養素。カルシウムやリンの吸収力を高めて骨や歯な      どを意地するのに役立つ。肝臓や腎臓に問題があると上手く活用出来ないと      言われている。

 

11.ビタミンE(化学名:トコフェロール)

   多く含む食品:小麦麦芽・卵黄・豆類・植物油
   効果:体内の善玉コレステロールを増やし、脂肪が酸化した際に出来る過酸化脂質      を抑制する。皮膚の老化・動脈硬化や脳卒中を予防したり、生殖機能を正常      に保つ働きもある。

 

12.ビタミンK(化学名:フィロキノン)

   多く含む食品:ほうれんそう・キャベツ・納豆
   効果:血液の止血に必要不可欠なビタミンで、内出血や血液の凝固を予防する。こ      の他にも骨粗しょう症を予防する働きも持つ。また、授乳中は乳児のために      積極的に摂りたいビタミンの一つ。

 

13.ビタミンH(化学名:ビオチン)

   多く含む食品:レバー・きなこ・イワシ
   効果:脂肪とタンパク質の代謝に関わるビタミンであるほか、甲状腺や生殖器、神      経や皮膚組織の健康とも深く関わっている。ビタミンHも体内で合成できる      ので不足する事はほとんど無いとされる。